「LOVE ME TENDER – 東北からの愛。反核というメッセージ – 」

大MAGROCK主催のYAMさんが大阪にやってきます。

2年連続出演のZODIACとともに。

そして、オーガナイズは大MAGROCKスタッフの武藤北斗。

関西でも大MAGROCK旋風がまきおこる?

「LOVE ME TENDER – 東北からの愛。反核というメッセージ – 」

震災前から反核を訴え続けた彼ら

何が彼らを動かしていたのか

そして、今、東北から伝えたいことは

まずは彼らの気持ちを受け止めてみよう

そこから何かが始まるはず

反核って言葉は純粋です ぜひ心地よい歌と話を聴きに来てください。

 

●7月14日 ロータスルーツ 大阪市北区西天満3-3-4

●7月15日 cafe茨木湯    大阪府茨木市宮元町4-1

 

料金:前売り2000円(1ドリンク付)、当日2500円(1ドリンク付)

小学生以下無料(事前連絡必要)

スケジュール:6時オープン 7時スタート 9時終了予定

出演 TALK:YAM+武藤北斗

MUSIC:zodiac nova pop-machine & contemporary system + サブリナ・ヘルシ

*7月14日(土)のみ「太陽33OSAKA」のPIKA☆も出演決定

主催:NPO地球とともに、反核屋

問合せ・予約:武藤北斗 090-1103-1672 chikyuutotomoni@yahoo.co.jp

*各会場ともに50名限定のため、定員になり次第受付終了となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【YAM】 http://peaceland.jp/

横浜生まれ、湘南平塚育ち、東京生活のあと20年前に青森県八戸市に移住。六ケ所のことなど何も知らずに青森に来たが、この地で起きた不条理を知 り、「核問題」こそがこの国の様々な問題の核にある根を張るものだと確信する。「マジで楽しく!楽しくマジで!」を合言葉に、「反核」をポップな ムーヴメントに引っ張り出そうとPEACE LANDを初めて10余年。青森の自然や文化、たくちゃん、武藤北斗をはじめとする人々、そして再処理、核・・・ここにきて出会ったすべてから大切なメッ セージを受け取った。去年は「YAM」ならぬ「病む」で人生初の2度の入院、そして2度の全身麻酔手術を経験。今年は還暦、さあ、もういっちょう やったろか!!

【武藤北斗】 http://chikyutomo.greenwebs.net/?page_id=1767

九州生まれの東京育ち。2003年に石巻に越したが、震災で会社・店が流され茨木市に避難、移住を決める。水産会社(パプアニュ―ギニア海産)勤務の3児の父で、36歳とまだ若いが反核の意思を固めてからは6年になる。東北・震災・反核を絡めてのハイテンショントークで多種なイベントで講演中。原発立地市の苦悩や問題に寄り添いながら反核をうったえている。

【zodiac nova pop-machine & contemporary system】

ヴィオロン&ヴォーカルのたくちゃんとパーカッションのYAMによるハイブリッド・ユニット。今年結成から14年を迎え、ますますローカルという 場での活動の重要性を実感している。特に昨年の3・11以降いかに八戸や青森また東北を発信していけるか、そして様々なカルチュアやムーヴメント とつながりながら、地元での動きを新しいものにしていくということが自分たちの方向だと強烈に感じている。ひさびさの関西、楽しみです。

【サブリナ・ヘルシ】

サンパウロ生まれの日系ブラジル人シンガー。06年より東京に居を構え、浅草の「キ・ボン」などを中心に多彩な活動を展開。08年、浅草サン バカーニバル 「仲見世バルバロス」のリードボーカルをつとめ、優勝に導いた。’10年にはSSWアルトゥール・ヴィタルとともにデュオ Arthur&Sabrinaを結成、ランブリング・レコーズより「バラとひまわり」をリリース。ドイツのアーティスト・グループ 「リミニ・プロ トコル」の日本公演「Cargo Tokyo-Yokohama」の演劇舞台で美空ひばりの「港町13番地」を歌ってから、日本の歌謡曲に魅せられ、弾き語りをはじめる。心を「アブラッ ソ=抱擁」するような暖かな歌声は、日本とブラジルの古きよき時代の郷愁をもっている。

【PIKA】

1983年12月7日 大阪生まれ。 2002年、脳みそすぽんぽん野蛮娘2人組最強ロックバンド「あふりらんぽ」を結成。ドラム、ヴォーカル担当。2010年解散。 2007年よりギター弾き語りの「ムーン♀ママ」をはじめ、数々のユニット、セッションなどで精力的に活動。また、音楽以外にも写真、絵画、役者活動、パフォーマンス、また、太愛鼓ドラム教室をはじめる。など、幅広い視野で唯一無二な人間力的表現活動を目指す。「TAIYO33OSAKA」代表。

 

コメントは受け付けていません。