一般社団法人ACTIOより50万円の助成金

2012年12月2日(日)、一般社団法人アクティオの2012年度助成選考会が開催され、大MAGROCKもYAMと武藤北斗が申請・プレゼンを行ってきました。

総額100万円で50万円1企画、25万円2企画を選びますが、事前選考で50万円企画が1団体、25万円企画が4団体に絞られました。
大MAGROCKは50万円に申請しましたので、審査委員37名の過半数からの承認があれば助成となります。

2010年にもACTIOから50万円の助成金を頂いているため、2回目の申請をどう考えてもらえるかが大きなポイントでした。
10分のプレゼンと5分の質疑でアピールを行うのですが、完全に武藤がしくじりました。
前半の5分でYAMから大間原発や大MAGROCKの趣旨の説明があり、その後に武藤が2011年開催(助成有)と2012年開催(助成無)を比較し、なおかつ助成金頼みでなく、様々なチャレンジの中でもう一度申請していることを説明するはずでした。しかし、YAMの説明を聞いていた武藤は、審査員以上に気持ちが高ぶってしまい、想いの語りになってしまい、半分は話にふれることもできずにタイムアップに。。。

TALKイベントでの話しすぎとは違い、プレゼンという場だったので、大いに反省した武藤は全団体での質疑応答には参加せず、YAMに全てを託しました。

武藤の言い忘れを含めて、質問に端的に熱く答えるYAMがキラキラしておりました。
前日に鎌仲ひとみ監督が「青森の妖精」と言ってましたが、まさしくそんな感じでした。笑

そして、結果はこちらです。

なんと、大MAGROCKは承認32、否5、白紙0のトップ当選でした!!
過半数を大幅に超えたことも嬉しいし、白紙が0というのも嬉しかったです。

このACTIOの選考会は、本当に真摯に活動している団体が申請していますので、かなりシビアな質疑も行われます。しかし、まじめに真剣に活動している団体ばかりなので、質問をもらい答えることが逆にアピールになっていきます。とっても素晴らしい場だったなと個人的には思っています。

会員の皆さんが「ACTIOは大MAGROCKに助成してるんだぜ!!!」と自慢できるような、素晴らしい反核ロックフェスになるように頑張ります。
2013年はステージが確実にパワーアップします。
演奏する皆さんやPAさんや参加者の皆さんが去年以上に心地よく感じれる場になります。

皆さん大間で会いましょう!!!

武藤北斗


コメントは受け付けていません。